モニターさんに1年間の活動を
振り返っていただきました。

2012年へちま日記に参加していただいたモニターさんに、ブログ、産地見学会など、
1年間の活動を振り返って、楽しかったこと、印象に残っていることなど、感想を伺いました。

事務局からのご挨拶

ご挨拶

奇しくも東日本大震災に見舞われた2011年春から始まったへちま栽培日記。地球温暖化(CO2)対策の一環として始まり、震災後は、エネルギー問題、節電対策への意識に大きく変化していく中での、グリーンカーテン栽培への関心の高まりを背景に、へちまのグリーンカーテン栽培を通して日本古来から伝承的に伝わってきた「へちま水」とそのよさを広く知ってもらおうと、1年目は関係者の有志4人で始めました。2年目となる去年は、もっとたくさんの人にも参加してほしいということで、全国の生協から応募があったソフトケアユーザー10名の皆さんに参加していただきました。

5月の一泊二日の産地見学会での初顔合わせで、見知らぬ10名の皆さんがすぐに意気投合。みんなが「へちまを育てる」という共通のテーマと目標をもって、ブログを通じて、情報交換、助け合いながら交流していだきました。 順調に進むと思った矢先の台風直撃、種植えからのやり直し、ネットの取り付けの大変さ、ネットの脱落、毎日欠かせない水やりの大変さ、剪定しても追いつかないつるの成長の勢い、思うようなカーテンにならない、結実のタイミングの難しさ、挿し木での実験栽培、オリジナル料理など、10人全員が初めての経験でそれぞれが試行錯誤しながらの栽培。みんな思うようには出来なかったかも知れませんが、今回のへちま栽培と仲間との交流を通じて、へちま、そしてソフトケアへの愛着はますます深まったことでしょう。今年もぜひ、去年採れたへちまの種からチャレンジしてみてくださいね!

そして、このブログにたくさんの方にアクセスしていただき、ありがとうございました。事務局一同、心より感謝申し上げます。
2013年度も新たなソフトケアユーザーさんを迎え、グリーンカーテン栽培をブログでレポートしていきます!今年こそへちまでグリーンカーテンを育ててみようという方は、ぜひ、参考にしてください!

グリーンカーテン事務局

  • ブログ編
  • 産地見学会編
  • 1年間の活動編