2012 へちま栽培挑戦者日記

はじめてのへちま栽培

レミーさんのへちま日記

Jun 20, Wed

摘心しました

土曜日の夕方、真ん中の一本を残して両側二本の摘心をしました

1001.JPG

1005.JPG

15分ほどして見てみると切り口から褐色の液体が丸く盛り上がっていました
「へちま水?」と思って触ってみるとゼリー状で、逆さまにしてもしっかり指にくっついていました
もちろん(!)なめてみました・・・味は青臭くも苦くもなく、キュウリに似た感じでした。へぇ~。。。
苗の形状も似ているし、まぁ親戚みたいなものですものね

1003.JPG

トマトの仕立て方のところに「丈夫なわき芽は挿し苗にできる」とあったので、「へちまはどうかな?」と思い、一応、土に挿してみました。(4日後の夕方時点でちょっと元気がなくなってきました。これはちょっと無理かな。。。)

同じくトマトの解説に「...二枚の葉を残して芯を切る。」という表現があり、「芯を摘むなら『摘芯』の方がしっくり来るけどどうしてテキストには『摘心』て書いてあるのかなあ?」とつぶやいていたら、高校生がさっと電子辞書を取り出し「『摘心』はあるけど『摘芯』っていう言葉はないよ。」と教えてくれました。
芯を摘んでも「摘心」・・・植物への思いが伝わるような言葉だと思い、これも、へぇ~。。。でした

早朝から朝日がたっぷり当たる東側のミニトマトはすくすく成長し、一つ目の花芽がつきました
下側の結束バンドはへちまの物をちょっと借用(すみません・・・)上の太い方は成長に伴ってつけ直しができるので、便利です。
トマトは巻きひげを出して自力で何とかしよう・・・とかいう気が全くないので伸びるたびにこまめに支柱に結んであげなくてはならず。。。へちまのほうがお利口です

1008.JPG

コメント(3)

私も、台風被害を経験して、挿し木に俄然興味が湧いてきました。うまくいきますように(^.^)

 レミーさん 「正の接触屈性」の話や「摘心」の漢字 初めて知りました トマト私も育てています ミニトマトの脇芽を数日水にいれてからハンギングを作る方法をTVで見ました 試そうと準備してます 

コメントする(MEMBERS ONLY)

PREV | NEXT