2012 へちま栽培挑戦者日記

はじめてのへちま栽培

レミーさんのへちま日記

Sep 13, Thu

へちま水のあれこれ

産地見学会の様子がそれぞれのページでいろいろ報告されていますね
たくさん学習した中から私は「へちま水」について少々・・・

プランターで育てている苗からも簡単にへちま水が採れます

地面から大体50㎝~60㎝くらいのところをハサミで切って丈夫なポリ袋の中に先端を入れ留め具などで口を閉じます
このときにあまり中まで茎を差し込むと採れた液に茎がどっぷりとつかってしまい液が汚れてしまうので茎の先の方で止めると良いそうです

3001.JPG

これは茎が入りすぎた悪い見本。しかも一袋に2本は多すぎ、後から直していただきました・・・1本の茎から出るへちま水は想像以上に多く半日で袋いっぱいになりました
産地では1本の茎から朝夕2回、2日間で4回採液するそうですが、1回目に採れたものが一番良いそうです

3002.JPG

お庭や畑など直射日光が当たるところは液に日が直接当たらないようにこんな工夫をすると良いとか・・・

採れたへちま水は油こし紙のようなものでろ過し、土やごみを除いてから清潔な瓶やペットボトルに入れて冷蔵庫で保存すれば一週間くらい保存がききます(煮沸してからろ過すればもう少し長く保存できると書いた本もありました)

地元の方はそのまま顔にもつけるようですが、わずかですがへちま独特の匂いがあるので抵抗があれば首や手足や全身ローションとして使えます
つけたところが驚くほどツルツル・すべすべになるので是非試してみてください。昔の「美人水」という感じが伝わります

グリセリン・アルコール等を加えると手作り化粧品になるそうです
へちまについての本に「痰を切る成分が含まれるのでうがいにも使える」とありました。試してみたのですが、へちまの匂いをダイレクトに感じ過ぎて、これはちょっと・・・でした(~_~;)

コンポート候補だった実は、あっという間に巨大化してしまい・・・

3003.JPG

タワシ候補に変更かな・・・

ミニトマトは葉がすっかり枯れてしまったので、今日全部片付けました

3005.JPG

最後の収穫です。毎晩夕涼みもできて、ひと夏楽しませてもらえました。ありがとう・・・♥

コメントする(MEMBERS ONLY)

PREV | NEXT