2013 へちま栽培挑戦者日記

今年の夏は、グリーンカーテン!

紫苑さんのへちま日記

紫苑さん

PROFILE

紫苑さん

(奈良県在住)

趣味はたくさんありますが、今はのんびりとお庭づくりを楽しんでいます。
すでにへちまのネットはお家の2階まで張り、準備万端!
ご近所さんやブログを見てくれる人に楽しんでもらえるよう頑張ります!

Feb 21, Fri

さぶいけど、綺麗にしやな。。。

ちんちん電車

阪堺電気軌道の天王寺駅前から、だいたい15~16分で

大阪のご利益パワースポット・住吉大社前に着きます。

そやけど、こんな硬苦しい名前の呼び方は誰もせえへんねんけどぅ~

私らは「チンチン電車」ってよんでます。。。

\(^o^)/

見えてるのが、キューズモールです。

見たら分かるって(>_<)


アッ!!

失礼いたしましたぁ~~~~

キューズモール

右には、アベノハルカスが見えてます。

はるかす

ガタガタ・ゴトゴト走っているうちに、住吉大社前です

大社前

昔からの多くの大阪商人の繁盛ぶりを今に伝える

大小取り混ぜて620余りの燈籠が見えてきます。

ヽ(^o^)丿

これは、道に面したほんの一部の燈籠ですけど。。。

とうろう

昔はこの辺りは、海岸に近かったため今でも多くの松の木がたくさん生えていて

青々として綺麗です。

こちらは、参道ですよ✌


大鳥居

住吉さんで有名なのが、太鼓橋

梯子の様な登り応えがあります。

紫苑はこちらの神社が御宮参りをした産土さんになります。

だから、小さい時はしょっちゅう御参りに(^-^)と・・・言うのか

遊びに来ていました。

反り橋

太鼓橋(反り橋)の掛る池です。

橋(ハシ)とは、こちらとあちらを結ぶ所の事なのですよ(^_-)-☆

だから、お寺でも神社でも、神仏の世界と人間界を繋ぐところとして橋があり、

また・・・

食べ物を皿や椀から人の口に運ぶ物の事も、箸(ハシ)と言います。

池

橋の長さは約20m、幅は約5.8mの木造桁橋。

橋中央部の高さは4.4mで、中央部を頂点として半円状に反っています。

最大傾斜は約48度。地上と天上を結ぶ虹に例えられているので

橋が大きく反っている構造になっていると考えられているのだそうですよ。

見返れば

ここから、見返れば、きっと昔は海がみえたのでしょう(^◇^)

その昔には、このお社のすぐ近くに海岸線があって、

本殿と対岸の入り江を結ぶ目的で掛けられた橋なんだとか

今は池の上に橋が架かっている形になっていますが、

この池は当時の入り江を模しているんだとか!!

狛犬の足元で何時もぐずぐずしている

狛猫ちゃまで~すw

ねこ

「すみよっさん」とか「すみよしさん」と呼ばれ親しまれている住吉大社は、

古くは摂津国 (せっつのくに=大阪府北西部と兵庫県南東部を占める旧国名) の中でも、

由緒が深く、信仰が篤い神社として、

「一の宮」という社格がつけられていて多くの大阪の人々に愛されてきました。

今でもお正月には偉い賑わいで、そら大変ですねん

全国約2300社余の住吉神社の総本社でもあります。


ここからが、本当の神様の御座所です。

境内


第一本宮に底筒男命 (そこつつのおのみこと) 、

第二本宮に中筒男命 (なかつつのおのみこと) 、

第三本宮に表筒男命 (うわつつのおのみこと)

そして第四本宮に十四代仲哀天皇の妃である

神功皇后 (じんぐうこうごう) がそれぞれ祭られています。


底筒男命 、中筒男命 、表筒男命は

伊邪那伎大神(イザナギノオオカミ)は、

亡くなった伊邪那美大神(イザナミノオオカミ)が恋しくて

逢いたい気持ちを捨てきれず、黄泉国(よみのくに)にまで逢いに行くのですが

そこで決して覗いてはいけないというイザナミとの約束を破って見てしまったのは、

腐ったイザナミの姿であったのだそうです。


その姿を恐れてイザナギは逃げ出してしまいます。


イザナギが黄泉の国から戻ってきたときに、

その穢れを祓うため川へ入って禊をした時に生まれた沢山の神様の中で、

祓戸の大神の次に生まれた神様たちです。


それぞれ川の底、中、表面で生まれたのでこのような名前がついています。


また第四本宮に祀られるのは、

十四代仲哀天皇の妃である神功皇后 (じんぐうこうごう)です。

神功皇后が新羅からの帰途、急に船が進まなくなるという変事が起こり、

その時に住吉大神の神託により

底筒男命(そこつつのをのみこと)、中筒男命(なかつつのをのみこと)、

表筒男命(うはつつのをのみこと)の3神(=住友大神)を祀ったのが

住吉大社の始まりといわれています。

それ以来、海上安全の神として崇敬を集めています。

また、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま

筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。

新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという

三韓征伐にもあやかり、勝負や安産等のご利益もあるそうです。


第四本宮に十四代仲哀天皇の妃である神功皇后 (じんぐうこうごう)

4

第三本宮に表筒男命 (うわつつのおのみこと)
3

第二本宮に中筒男命 (なかつつのおのみこと)
2

第一本宮に底筒男命 (そこつつのおのみこと)
1


↓ こちらは淺澤神社(あさざわじんじゃ。市杵島姫命)

市杵島姫命さんとは、弁天様のこと

芸事や商売繁盛、べっぴんさんにもしてくれはるそうですよ\(^o^)/

『住吉の浅沢小野の杜若(かきつばた) 
          衣に摺りつけ着む日知らずも (万葉集)』


「住吉の浅沢の小野に咲いたかきつばたよ
         その色香で私の衣を染めて着る日 それはいつ来るのだろう」

  {※杜若を恋人に見立てて詠まれています}

昔はここから南にかけて清水の涌く大きな池があり、

奈良の猿沢、京都の大沢とならぶ近畿の名勝だったといわれています。

とくに住吉の浅沢池は美しく咲き乱れる杜若で歌人達に愛され、

万葉集をはじめとする多くの歌集にその名をとどめています。


弁天さん

色んな芸事をしてはる人々のぎょうさんの信仰を集めていはります。

弁天2

弁天3


こちらは楠珺社、お稲荷さん(宇迦魂命 :うがのみたまのみこと)です。

大楠

住吉大社には商売発達「はったつさん」と呼ばれている初辰まいり があります。

この日に御参りをして、小ちゃな猫をもらって帰ります。

その猫を集めて大きい猫に替えてもらうんですwwwww


初辰とは毎月最初の辰の日のことで、この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてくれるんやとか


そして4年を一区切りとして、48回参拝すれば、満願成就となるそうです。

これは、四十八辰、つまり始終発達するという意味からきてて

4年間月参りを続けられるというのは、それだけ無事発達していることなんやってさぁ~ 。

はつたつさん


右手を挙げた猫は、商売繁盛

左手をあげた猫は、家内安全です。


お嫁さん、花嫁御寮はん見ました。

やっぱり良えナ(^◇^)

幸せになりや❤~❤~❤"""""

花嫁1

また、可愛らしい巫女さん

よろしいナ~♪

花嫁2


可愛い巫女さんやお嫁さんを見て

早速家に帰って潤いたっぷりの「サンスター・ソフトケアプレミアムクリーム」を

暖かなお風呂の後に全身に塗りこみました。


このクリームは

へちま水50%配合ヘチマエキスの保湿剤

肌荒れ・乾燥・かさつきから守ってくれるのです。

なめらかでスーッと肌に吸い込まれて行く感じ

ベタベタした感触が大嫌いな(>_<)私には、手放せないクリームです。


さらさら後、快晴☀

明日はきっと良い日でありますように・・・・・


(^_^)v

クリーム


すみよっさん、宜しゅう頼んまっせ(^◇^)

コメントする(MEMBERS ONLY)

PREV | NEXT