へちまの育て方

へちまを育てて、エコ生活

へちまは、比較的丈夫で成長力も旺盛なつる性の植物です。暑さや日差しに強く、
昔から東北地方では夏の日よけとして家庭の軒先で栽培されており、
節電対策に役立つ「緑のカーテン(グリーンカーテン)」にぴったりの植物です。
へちまは、大きな葉がたくさん茂る植物なので、日よけ・室温対策として効果的。
エアコンの効率を上げれば、それなりの節電が期待できます。
今年の暑さ対策に、へちまを育てて、エコ生活を実践してみませんか?

へちま栽培カレンダーを見る

1 種まき(4月中旬〜5月上旬)

遅霜の心配がなくなるこの時期が種まきに最適。種は水に一晩浸しておきましょう。水に浮いた種は発芽率が悪いので取り除きましょう。

プランターに、10センチ以上の間隔で1cmくらいの深さで1粒ずつまき、水をたっぷりと与えます。土は市販の元肥入りの野菜用培養土を利用すると手軽です。プランターには、水はけを良くするために鉢底石を敷きます。鉢穴をふさぐ鉢底ネットを置くのもお忘れなく。
※ポットで苗を育てる場合は1鉢に1粒ずつ、1cmくらいの深さでまきます。

水やりは朝方に行い、夕方、土の表面が乾いているようでしたらまたやるようにしましょう。あまりあげすぎると根が腐ってしまいます。

cul1_2.jpg

種まき(4月中旬〜5月上旬)

2 植えつけ(5月中旬〜6月上旬)

本葉が4~5枚開いたら、元気な苗を残して間引きし、畑や庭、またはプランターに植えつけましょう。

畑や庭に植えつける場合・・・

苗を30cm以上の間隔をとって植えつけます。植える1週間前から、土をよく耕して通気と水はけを良くして、必要に応じて肥料を準備し、しっかりとした土づくりをしておきましょう。また、植え穴には、元肥をしておきましょう。

プランターに植えつける場合

プランターは、「野菜用」などの深く大きめのもの(幅70cm以上、深さが25cm以上)を準備しましょう。株間は15~20cm以上間隔をあけて植えかえます。あらかじめ元肥が施されている土を使う場合は、元肥は必要ありません。8月上旬~中旬ごろに追肥をしましょう。

植えつけ(5月中旬〜6月上旬)

プランターで育てる場合、15cm〜20cmはなして。

3 ネット・棚を仕立てる(5月中旬〜6月上旬)

本葉が6〜7枚開いたら、つるを這わせる用意を。

グリーンカーテンの作り方はこちら

つるを高く伸ばして「へちま棚」に仕立てる場合・・・

親づるをはやく伸ばすために、グリーンカーテンの場合とは逆に、わき芽を丁寧にかきとって親づるを棚上に届かせます。棚上に届いたら摘心をして子づるを3〜4本ほど伸ばし、つるを棚にからませながら固定します。 ベランダでネットや支柱を使って仕立てるときは、強風などにとばされないようにしっかり固定しましょう。

ネット・棚を仕立てる(5月中旬〜6月上旬)

4 開花・結実(7月中旬〜)

はやいものは7月に入るころに、花をつけます。
1株の中に雄花、雌花が混在し、受粉すると結実し、へちまの実がなります。受粉は人の手で行えば確率は高くなりますがハチなどの昆虫も活躍してくれますので自然に任せてみるのも良いですね。
へちまたわしを作るには、9月に入って完全に熟した実を使います。

cul4_2.jpg

へちま水の採り方 たわしの作り方

開花・結実(7月中旬〜)